環境への取り組み

ISO14001審査登録

環境マネジメントシステムへの構築の経緯とISO14001認証取得及び更新状況

 ダイトクは、2000年より環境マネジメントシステム(EMS)の構築に着手し、管理状況を調査しました。
その結果、地球環境及び地球環境を継続的に改善させるにはEMSの構築が重要であると考え、工場機能の産業廃棄物の資源リサイクル処理業務で2001年3月にISO14001の認証取得。
2003年7月に全工場の認証取得を経て、2010年3月に以下内容にて3回目の同認証更新登録を完了いたしました。

<高圧ガス保安協会 01ER-111>
産業廃棄物(OA機器用廃サプライ品)の分解・分別による再資源化処理

【製品、プロセス、サービスで特定される活動】
産業廃棄物(OA機器、廃サプライ品、LCD廃パネル、廃プラスチック)の再資源化処理並びに
産業廃棄物の収集運搬処理

【登録された環境マネジメントシステムに含まれる組織等】
新在家本社工場 :大阪府摂津市新在家2-1-1
柱本物流センター :大阪府高槻市柱本新町5-1
埼玉工場 :埼玉県加須市栄496-1
安威川工場 :大阪府摂津市安威川南町3-37

 
ISO14001審査登録証
 
 

尚、2004年2月に対象範囲を物流などの部門まで拡張した以下EMS構築は現在も継続して推進いたしております。
●産業廃棄物(OA機器、廃サプライ品)及び廃プラスチックの再資源化処理並びに
産業廃棄物の収集運搬処理

また、認証取得による環境マネジメントシステムの充実と、産廃情報ネットに情報公開すると
共に環境報告書(2006年度版)を発行し、情報公開の重要性を理解し、会社の透明性を高める事が、
お客様や地域住民の皆様、またその他多くの関係者の皆様からの信頼を得る一番の近道だと
感じております。
 
環境への取り組み