会社案内
トップページ会社案内>株式会社ダイトクの行動規範

株式会社ダイトクの行動規範

株式会社ダイトクにおける行動規範は大きく分けて「4つ」の構成に分かれており、㈱ダイトクを構成する
各個人の行動に適用されるものになっております。
企業活動に関する姿勢 社会的責任 顧客/取引先/競争会社等に対する 会社財産の保護、
行動規範は、役員および従業員が正しい姿勢で事業活動を行うための基本原則を示したものです。
はじめに  
企業を構成するのは、個々の人であり、お客様をはじめとする社会からの信用を築き上げる根本的な要素は個々人の行動であるということから、ダイトク行動規範は、ダイトクを構成する全ての個々人の行動に適用する。
1.企業活動に関する基本的な姿勢
1.1 健全な企業活動の展開
 
 ダイトクは、お客様やパートナーをはじめ地域社会などさまざまな人との関係をもっています。
健全な企業活動を通じて、これらの人々の期待に応える責任があります。
ダイトクは、法令の遵守及び社会倫理に適合した活動を基盤に、サービスおよび商品の提供を通じて人々の快適で豊かな生活の実現に貢献します。
1.2 関係法令等の遵守  
 企業が公正な競争を通じて利潤を追求することは、企業のあるべき姿です。しかしながら、利潤の追及のみに捕われて、企業活動が社会ルールに反したものになることは許されません。ダイトクは、社会との調和、社会への貢献のために関係法令は勿論、社会の正常な商習慣や社会倫理に則った企業活動を展開します。
 従って、ダイトクは自主的に自らの企業活動をチェックし、問題発生の予防に万全を尽くすとともに、万が一、問題が発生した場合は、その責任を明確にし、厳正な態度で臨むことを基本姿勢とします。
1.3 企業市民としての社会への責任  
 企業は、企業活動そのものを通じて、また従業員を通じて地域社会と深い関わりを持っています。
 ダイトクは地域社会が企業存立の基盤であると考え、社会の一員として、できることを一つずつ確実に行います。
1.4 基本的人権の尊重  
 ダイトクは、すべての人の基本的人権を尊重します。ダイトクは、性別・年齢・国籍・人種・民族・信条・社会的身分・宗教・身体障害の有無などによる差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
 また、個人の情報を業務上知り得た場合でも、個人のプライバシーを保護します。
1.5 職場環境  
 従業員が働く上で、安全を確保し、働きやすい職場環境を作り、維持改善に努力します。
1.6 公正な雇用  
 従業員の貢献を正しく評価することによって、それに基づく適正な処遇を実現します。
 また、評価の透明性・公正性・納得性の向上を目指します。
このページの先頭に戻る
2.社会的責任
2.1 地球環境の保護
 
 ダイトクは地球環境保護への取組を企業の重要テーマと捉え、具体的には次の項目を環境保護に関する行動の基本とし、これらを遵守します。
①環境マネジメントシステムのPDCAを的確に廻し、システムと実績に関する継続的な改善に努めます。
②環境法規制を遵守するにとどまらず、自主的な環境改善活動を計画策定し、環境負荷の低減に努めます。
③環境関連技術を導入し、再資源化・省資源・省エネルギー・廃棄物の削減に努めます。
2.2 地域社会との調和  
 社会との調和を図るため、その企業活動の基盤である事業所が帰属する地域社会の一員として、近隣住民との良好な関係を作り上げ、維持します。
2.3 政治献金・寄付行為  
 不法な政治献金は一切行いません。また、寄付行為においてもその内容・賛助方法等を明確にし、必要性と妥当性を十分考慮した上で関係法令に従って行います。
2.4 反社会的な勢力・団体への対応  
 市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力や団体には、毅然とした態度で対応し、一切の関係を遮断します。
このページの先頭に戻る
3.顧客、取引先、競争会社等に対する行動規範
3.1 不公正な取引の禁止
 
 公正で自由な取引競争を阻害するような「不公正な取引」は法律で禁じられているだけでなく、一般的な社会ルールや社会道徳上重大な問題となります。ダイトクはどんな場合においてもフェアでないと考えられる方法で取引しません。
 営業活動及び購買活動をはじめとする取引の場合において、常に「誠実で公正な取引」を行うべく、従業員一人一人に指導し自覚を促します。
3.2 贈物・接待への対応  
 企業はビジネスを展開するに当り、一般的なビジネス慣習上の範囲内において、接待や贈答品の授受をすることがあります。
 一般的なビジネス慣習上の範囲及び儀礼的な範囲を超えて接待や贈答品の授受を行いません。
 公務員に対する供応「贈賄行為」等、法令に抵触する行為は一切行いません。
このページの先頭に戻る
4.会社財産の保護、企業情報に関する行動規範
4.1 会社の有形・無形財産の保護
 
 会社が有する財産には、有形なものもあれば、知的財産、顧客情報といった無形のものもあります。これらの財産は全て重要で、紛失、盗難、不正使用が起こらないように、厳重に管理する必要があります。有形・無形財産の保護に関して、どのようなものがその対象になり、かつどのようにして保護しなければならないかを規定し、従業員にこれを遵守させます。
4.2 守秘義務・会社、顧客、取引先に関する情報  
 会社の情報の漏洩は会社の信用失墜、競争力の低下を招き、企業としての根幹を揺るがしかねません。業務上必要性のない従業員には一切開示しません。
 また、顧客・取引先に関する情報漏洩は、会社の信用問題になりかねず、更には訴訟問題にもなりかねません。ダイトクは従業員に対し業務遂行上知りえた顧客・取引先に関する情報を、細心の注意を払って管理し、他の顧客・取引先に漏らすことを禁止します。
4.3 コンピュター情報の管理  
 ダイトクは従業員のプライバシーに対して十分に注意を払いますが、一方で適切な業務遂行、情報漏洩の防止の面から電子メールのモニタ等の監査を行います。
4.4 知的財産の取扱  
 ダイトクは特許権、実用新案権意匠権、商標及びドメインネーム、著作権といった知的財産権の重要性を認識し、これらの確保と維持に努め、これらの権利を取扱います。
   

付則

1.   株式会社ダイトクはこの規範の管理責任者を営業開発部部長とします。
 また、この規範の制定・改廃は取締役会の決議とします。
 
2.   行動規範推進委員会を組織し、この行動規範に関する改定案の策定、教育、及びその実施状況のチェックを執り行います。
 
3.   この行動規範に違反した者に対して、当該の規定に照らして処分を行うことがあります。
 また、取締役や監査役については、商法の法令に照らして罰せられることがあります。