事業案内
トップページ総合リサイクル廃プラスチックリサイクル>マテリアルリサイクル>プラスチック高度リサイクル・システム「ドックス」

総合リサイクル

廃プラスチックリサイクル

『ドックス』(Daitoku Optical & Hydro-Cyclone Sorter Systemの頭文字DOCSS)は、ダイトクが独自に開発したプラスチックの選別システムで、光学式選別と遠心力を利用した湿式比重選別とを組み合わせて、対象となるプラスチックのみを選別する国内循環型設備です。

現在は埼玉工場において、コンタクトレンズ破砕品(プラスチック+アルミの混合)からターゲットとなるプラスチック(PP=ポリプロピレン)のみを選別、これまでのサーマルリサイクル処理から、その多くをマテリアルリサイクル処理へと高度化しています。

『ドックス』で選別された少量の残さはセメント会社によりサーマルリサイクルされ、選別された99%以上のPPとアルミは再生事業者によりマテリアルリサイクルされ国内での処理を確立しております。

事業案内