事業案内

総合リサイクル

廃プラスチックリサイクル

廃プラスチックの再資源化による廃棄物の抑制
廃プラスチックのリサイクルといえば、サーマルリサイクル「RPF」が一般的ですが、ダイトクでは「シビアな選別」「販路の拡大」により中国を中心に輸出し、廃 プラスチックのマテリアルリサイクルに努めてまいりましたが、2017年の中国輸入禁止政策により、大きな転換期を迎えました。 中国への輸出禁止となって以降、特に廃プラスチックの行き先がなくなり、有価物から廃棄物への転換も多くなり、オーバーフローの状態となっております。ダイトクでは、中国輸出への不安にいち早く対応すべく、中国以外の国でのリサイクルを模索し、以前より取り組んでまいりました「品質保持」の体制もあって、タイ、ベトナム、インドネシアの優良なメーカー等への輸出先にスムーズに転換することが出来ました。これは大変価値のあることだと自負しております。現在の取扱量は、中国輸出時より多く、引き続き廃プラスチックリサイクルを牽引すべく取り組んでまいります。
事業案内